きつねののーと

アーカイブ

静岡の有名な「さわやか」のハンバーグを食べに行った話

静岡の名物といえば、「炭焼きレストランさわやか」のげんこつハンバーグである、と聞いたことがあった。

たまたま静岡に行く機会があったので、せっかくなので行ってみる。


今回行ったのは富士鷹岡店。JR身延線入山瀬駅から徒歩10分くらいのところにある。

僕は富士駅から自転車で行ったら、30分弱かかった。

f:id:antarctic_fox:20180923183857j:plain


平日は11:00開店だが、今日は日曜日なので10:45開店だ。

f:id:antarctic_fox:20180923184511j:plain

10:00から受付を開始しているとのことで、10:02に行く。どうやら僕が一番だったらしい。

f:id:antarctic_fox:20180923184706j:plain

店員さんに「今しばらくお待ちください」といわれ、店の周りを散策して過ごす。

周囲は典型的なロードサイド店舗で、特に見るものはなかった。富士山は見える。


10:40にもう一度訪れる。待合の椅子はもう人でいっぱいだ。待ち組は40を超えている。

10:45に「一番の方どうぞー」と呼ばれる。一番奥の席へ。無駄な優越感。


選ぶのはもちろん「げんこつハンバーグ」

サラダとご飯orパンのBセット。パンを選ぶ。

ソースはオニオンソースを選ぶ。これが一番オススメらしい。

油受けのさわやかマップとやらを渡される。

f:id:antarctic_fox:20180923184248j:plain

右下に書かれた豆知識、分かりづらくないか...


テーブルはすぐに埋まらない。店員さんは一テーブルずつ、丁寧に対応をしていく。ホスピタリティに満ち溢れている。


サラダに続いて、まん丸のハンバーグがやってくる。店員さんが目の前で半分に切って、熱々の鉄板に押し付ける。

油と肉汁が飛び散ってくるので、さっきのマップで受け止めつつ待つ。

油と肉汁の跳ねが落ち着いたら食べごろだ。

f:id:antarctic_fox:20180923184336j:plain

ハンバーグを切ってみると、中は赤いままだ。

f:id:antarctic_fox:20180923184433j:plain

食べてみる。美味しい。なによりオニオンソースが美味しい。

トッピングの人参も美味しい。どうやって作ったのだろう。


パンも熱々で、あっという間に食べてしまった。


食べ終わって周りを見わたしてみると、入り口には人が並んでいるのに、まだちらほら席が空いている。店員さんが十分な接客が出来る範囲で案内しているのだろう。


会計が終わると、「お口直しのハッカ飴をどうぞ」と、ハッカ飴をいただいた。

最後までホスピタリティにあふれていた。また行きたい。